勤医協中央病院のアスベストに関する取り組み状況

勤医協中央病院の医師事務業務支援課小川浩司さん(当センター個人会員)から、勤医協中央病院のアスベストに関する取り組みの報告がありましたので掲載します。

2015年7月、厚労省は全国の「がん診療連携拠点病院」へ「石綿による疾病の認定基準」の周知に係る依頼を行いました。北海道労働局の医療監察官が当院へ直接「石綿被害の救済を図る観点から取組を一層進めて頂くように」と要請がありました。

アスベスト労災の実績

2015年度にアスベスト肺癌で労災認定になったのは、全道で年間25件です。その内13件が勤医協中央病院に受療した患者さんでした。
2013年5月から16年度末までに扱った石綿(アスベスト)関連労災認定件数は56件です。内44件がアスベスト肺癌、中皮腫8件、他が4件です。

新聞報道等でご存知のように学校煙突からアスベストが落下、公営住宅でのアスベスト処理が不十分などと報道がされ、アスベスト被害の実態が世間に知られるようになってきました。
肺癌のかかりやすさは、喫煙で4.1~12倍、アスべストだけで1.6~から12・8倍、喫煙がありアスベストのばく露を受けた場合は、最高で53・2倍になります。

事例を紹介します

A氏(64歳・元大工)は自宅近くのK病院で肺癌手術を受け療養していました。しかし療養が長引き、昨年9月、東区へ転居し当院の無料低額診療を希望し受診しました。医師より石綿肺癌と思われると診断を受け、以前、手術したK病院に肺癌手術検体から石綿小体の測定をするように依頼しました。1ケ月後に労災認定基準の4倍を超える約2万3千本/g(乾燥肺)が検出されたと報告が届きました。さっそく、手術した2010年にさかのぼって労災申請を行いました。

早期発見の健診が大切です

石綿健康管理手帳健診については、厚労省より年2回の2月・8月に健診を受けられることになっています。
道内の石綿健康管理手帳取得者約1,400人ほどです。その10%以上を勤医協中央病院で管理しており、今年2月の石綿健康管理手帳健診は130人が勤医協中央病院で健診を受けています。勤医協関係では札幌病院や帯広病院、北見病院に加えて、今年度より勤医協苫小牧病院が受託医療機関になりました。
この間、呼吸器内科・外科医師・アスベスト被害者支援弁護団をはじめ全道での相談会・学習会で石綿アスべスト被害について啓蒙活動を行ってきました。今後も多くの場で石綿アスベスト被害の啓蒙の学習会・相談会を開くことを望みます。