杉本 綾さん民事裁判第7回期日

By | 2021年6月8日

「更新」弁論で母親が陳述

新卒看護師、杉本綾さん過労死事件の、民事裁判は5月13日、札幌地裁で開催されました。

今回から裁判長が交替したため、原告の母親は「更新陳述」を行いました。「元気で明るい娘が自ら命を絶つことは考えられない。働き始めて夜中までテーブルに資料を広げて、苦しそうな表情をしていたことが忘れられない」と、職場の安全配慮義務違反の実態を訴えました。
裁判長は双方の主張は終了したとし、証人尋問に向けて進行協議を行うとしました。
*裁判の争点になっている「職場の安全配慮義務違反」については、佐々木 潤弁護士の概要を掲載しています。