吃音への理解や配慮があれば弟は看護師として働き続けられた:言友会の吃音啓発フォーラムで、自死した弟の気持ちを姉が代弁

11月19日午後、札幌市内で北海道言友会主催の「吃音啓発フォーラム」が行われました。2016年4月に施行された「障害者差別解消法」にもられた「合理的配慮」を考えあう事がテーマでした。この中で、3年前、看護師となった吃音のある弟が仕事上で苦しみ自死した悲痛な体験を姉のTさんが報告し、吃音があっても生き、働き続けることが出来るようにと訴えました。

仕事で悩み・・・看護師に

弟は、3才から難発の吃音をもっていましたが、学生時代は、友人も多く明るく元気で、吃音が大きな壁になることはありませんでした。しかし、希望の警察官採用試験で、面接という壁に何度もふさがれました。近所のおもちゃ屋さんの販売員では、自分の吃音を理解してくれる上司や同僚がいて、働きやすかったようです。

30歳になって、「体の不自由な人の助けになりたい」と思い、吃音症状を理解してくれる病院でなら、人の役に立つ仕事に就けると考え、看護師の道に進みました。吃音を理解してくれる病院を探していましたが、看護学校の講師だった札幌市内の循環器系の急性期病院の看護部長に声をかけられ、「万全の体制を整えて待っています」と誘われ、就職を決めました。本人はもとより、私たち家族は本当に喜びました。

就職しカミングアウト

働いてすぐ、病院から「商品説明」という形の自己紹介を求められました。弟は、・吃音がある。・緊張する場面(人前)で言葉が出にくくなる。・話そうとしているときに急がされると更に言葉が出せなくなる。大声、威圧的、高圧的態度をされると、萎縮してしまう。などと、シートに記載していました。

職場の実態

自死してから、弟の部屋にあったノートには、そのカミングアウトが理解されていない中で苦しんだ状況を示す書き込みがありました。

弟は、重症者の対応で、覚えるのが精一杯なうえ、緊張して何度も吃っていたようです。「繰り返し練習させると吃音が治ると考えていた指導者」は、ナースステーション内のスタッフが行き交う場所で、検査の説明の練習を繰り返しさせていました。
これは、余計に吃りが強くなります。指導者が別の報告手段を考えてくれたり、声をかけてくれれば、少しは違ったのかもしれません。

合理的配慮があれば

上司や指導者たちは、「吃音」についての、知識も配慮もない上に、理解への努力がなかったと思います。

「頭ではわかっているが、普通にできない」ことの苦しみ、辛さは、吃音のある当事者にしかわからない、耐え難いことだと思います。言葉がすぐに伝わらないことだけで、その人の人間性を否定しないでほしいと思います。

しかし弟は、最後まで必死に努力し、自分で選んだ職業を全うしようと思っていました。
人生に「もし」という言葉は無いと言いますが、もし、上司や指導者が、吃音者を理解してくれていて、症状が強く出た時には、心理的な重圧が高くなっているとして、弟に関わってくれていたのなら、このような最悪の結果にならなかったのではと、悔やまれてなりません。

札幌で過労死防止シンポ開催

 

過労死防止啓発月間過労死のない社会、今こそ!

厚労省主催の過労死防止を考えるシンポジウムが、11月23日、札幌市教育文化会館で開催され一四〇人が参加しました。今回は、「電通」の新人社員の過労死で世論が高まる中、「防止」に向けて参加者の決意が示されたシンポジウムとなりました。
玉木一成弁護士が新人女性職員が過労死したワタミ事案を題材に基調報告
居酒屋ワタミ事案について担当した玉木弁護士は、電通の女性社員の過労死事件を引きながら、わずか2ヶ月の勤務で過労死した26歳の女性の事例を報告しました。
2ヶ月間の勤務実態を示したデーターをもとに、夕方から翌日の午前3時・5時まで休憩もとれない中で勤務を強いられたこと、休日の研修会出席やレポートの提出も求められる等、新人に対する過酷な業務の連続だったことを指摘しました。
遺族は会社の対応を批判し、業務による死亡であること、会社と役員には法的責任があること、被告は謝罪し、再発防止に努めることを求めました。更に、損害賠償とともに未払残業代の支払いと同時期4年間に入社した社員に対して未払い分を支払うことなど求めました。これらの要求を認めさせ、「画期的」な和解を勝ち取ることが出来たと報告しました。
この結果から、過労死防止につなげる教訓を示し、過労死根絶に向けての取り組を呼びかけました。

遺族からの体験報告参加者の胸を打ちました

食品会社の支店長だった夫を亡くした妻と、新卒で急性期病院に勤務し8ヶ月で自死した看護師の母親が体験を報告しました。
報告は、過重な業務に苦しんでいるとき、「辞めさせ」られなかったことを悔やみ、仕事のために心身を壊している場合、早く相談してほしいと参加者に訴えました。

過労死を考える会(家族の会)からの報告

世話人代表の菊地悦子さんは、4年間の活動で過労死遺族が7から18になったこと、①相談対応と労災支援、裁判傍聴を行っていること、②啓発事業への協力、過労死遺児の会への参加など活動の広がり、③春と秋の親睦会の開催などの活動状況を報告しました。

最後に、過労死等防止対策推進センターの皆川洋美弁護士から、閉会のあいさつがありました。

食品会社S支店長の過労自死事件会社と「和解」調印

S支店長は課長職から突然、支店長に昇格しました。しかし、減員され、副支店長となった前任者の協力が得られず、達成困難な売り上げ目標の未達成が続き、精神的に追い詰められました。昇格5ヶ月後にうつ病を発症し、「降格」人事を告げられ、その2ヶ月後に自死しました。
労災申請は、会社の時間外労働の記録が不備だったこともあり、棄却されましたが、不支給取消訴訟で、支店長の過重な業務とその苦悩を詳しく主張し、勝訴しました。

その後、会社に対して謝罪と損害賠償を求めて話し合いを続けていましたが、今年3月下旬、裁判外の和解が成立しました。妻は、夫の6回目の命日の前日、「和解書」に調印しました。「6年間支えてくださった皆様に感謝いたします。過労死のない社会をと願っています」と語っています。

たたかいの経過

2010年3月  自死

2010年10月 労災申請

2010年11月 申立書の記載でいの健に相談

2010年12月 申立書を提出その後、聴取

2011年6月 札幌東労基署が不支給決定

2011年8月 道労働局に審査請求

2011年8月 弁護士に相談、意見書提出

2012年3月 労働保険審査官が棄却

2012年5月 厚労省に再審査請求

2012年12月 再審査請求が棄却

2013年4月 札幌地裁に不支給取消で提訴 - 以後、10回にわたる弁論

2015年5月 札幌地裁で勝利判決(確定)

2015年9月 会社に謝罪と損害賠償を求める

2016年3月 裁判外「和解」で調印