杉本綾さん過労死労災不支給取消裁判:国が自宅学習の一部を時間外と認める

8月4日午後、札幌地裁で第3回期日が行われました。国の準備書面では、原告が主張した自宅学習(シャドウワーク)について、一部「時間外」として認める内容が含まれています。弁論後の「報告集会」では、弁護団から「発病時期も含めて、認定基準によっても労災であることを明確にする」と報告されました。

UHBドキュメントが話題

この日は7月29日(土)の昼に、北海道文化放送(UHB)が「新卒看護師の過労危機」のドキュメント(約55分)が放映された直後でした。番組は急性期病院の夜勤に密着取材し、若手看護師の自宅での様子も収録するなど、実態に迫る内容で、共感を呼んでいます。
放映後、TV局には「病棟の現実はもっと大変な状況だ」との声が寄せられているとのことです。
報告集会後に番組を放映し、支援する会として多くの人に見てもらう様にと呼びかけがありました。

「支援する会」署名提出

弁論に先立ち、今年2月から取り組んだ「公正判決を求める」裁判官宛の署名、第一次集約分として、団体署名800、個人署名13,000筆を裁判所に提出しました。

署名活動を広げよう

鈴木緑・板井かね子共同代表を先頭に、連合北海道、自治労、札幌地域労組などに署名の協力要請を行いました。また、女性団体、業者団体、市民団体などにも要請しています。
裁判はいよいよ本格的論戦に入ります。「市民・道民の広い支援で必ず勝ち抜こう」と支援する会は呼びかけています。