天笠医師招き、ストレスチェック、職場づくりを学ぶ

2017年8月18日(金)午後6時から札幌市「かでる2・7」で天笠崇さん(東京・代々木病院 精神科医師)による「学習講演会」を開催しました。北海道民医連医療活動委員会といの健北海道センターの共催で、53名が参加しました。

主催者を代表して細川誉至雄氏(いの健道センター理事長)から「働き方問題が社会的な関心事となっており、職場では2回目のストレスチェックのとりくみが本格化しています。今回の学習講演会はこの分野の第一人者である天笠先生をお迎えして開催することができました。みんなで大いに学び合いましょう」と挨拶がありました。

講演で天笠医師は、労働精神科外来とはどのような診療現場なのかを説明、労災医療、労災に関わる訴訟への関与等について、自身が関わった事例を通して話しました

また「第1電通事件」「第2電通事件」の事例を紹介、長時間労働の健康への影響や弊害、企業責任のあり方を日本における労災補償制度の概要と推移とともに説明。また労働者をめぐる状況として、過酷な労働環境、労働条件の実態とメンタルヘルス不調のプロセスを解説し、職場の労働安全衛生活動の重要性を強調しました。

参加者からは、「ストレスチェックの後のサポートの重要さを学ぶことができ、参加して良かった」「50名未満の事業所なのでストレスチェックの実践はこれからだか、小さな職場であっても、労働者の健康管理、とりわけストレスチェックなど精神衛生に関わることの重要さを学ぶことが出来た」「労働組合の課題として労働安全衛生活動をしっかりと位置づけることの重要性を学んだ」などの感想が寄せられました。
最後に、橋本浩德北海道民医連事務局次長が「学んだものを活かそう」と呼びかけ、学習講演会を終了しました。