杉本綾さん民事裁判第5回期日

By | 2020年12月4日

11月26日(木)午前、新人看護師杉本綾さんの過労死民事裁判の第5回期日が札幌地裁で行われました。
原告は安全配慮義務違反や看護業務の質的過重性など主張してきましたが、今後、時間外労働についてさらに主張することにしています。
終了後、報告集会が行われ、弁護団の島田度弁護士から弁論状況の報告がされました。

原告の綾さんの母親は、「この間、労基署の聴取にきちんと話してくれた人が、綾が尊敬していた先輩だったのでとてもうれしく思いました。

KKR札幌医療センターには相手が私や綾という事ではなく、起こったこと、事実を認めてほしいと思います。そして、本当にいい病院になってほしい。同じ思いをする人を出さないようにしたいと願っています」と語りました。

次回期日は2月25日(木)10時から札幌地裁805法廷で行われます。