2018年北海道セミナーIn釧路

「いのちと健康第一」の働き方を!  

 メンタルヘルス・パワハラ、働き方、 労災補償、アスベストなど討論

2018年働く人びとのいのちと健康をまもる北海道セミナーは、10月20~21日、8年ぶりに釧路市で開催し、地元をはじめ十勝・北見・札幌などから94人が参加。講演と報告、討論で学びあい交流しました。

細川誉至雄実行委員長(いの健道センター理事長)は「『働き方改革』が成立しましたが、悪法を職場に持ち込ませず、いのちと健康を大切にする職場づくりが大事です。胆振東部地震でブラックアウトとなり、各地に大きな被害が及びましたが、防災対策、災害時の対応などを見直し、安心できる職場・地域づくりを進めてゆこう」と開会あいさつを行いました。 吉岡猛現地実行委員長(道東勤医協釧路協立病院:医師)は、自らの振動病など労災・職業病の診断・治療の実践を踏まえて、セミナー開催の意義にふれ、人間らしいまともな働き方の実現目指して学び、交流してほしい」と歓迎挨拶を行いました。 続いて、佐藤誠一実行委員会事務局長が「基調報告」を行いました。

 

  記 念 講 演

「みんなで取り組む職場 のメンタルヘルス対策」
     講師 田村 修氏  (勤医協中央病院精神科・リエゾン科医師)

講演はスライドを示しながら3択での選択を聴講者に問いかける、全員参加型を取り入れました。 「心の健康とは」ストレスと上手に付き合うことであり「程よい苦労をしながら、自分らしい人生を送る事」とし、過剰なストレス下で身体的反応→行動の変化と心理的反応→思考の変化に陥るとしました。職場のストレッサーは①仕事の量(長時間労働・過重労働)②仕事の質(専門性・責任・苦情処理などの感情労働)③周囲のサポート(孤立・抱え込み・コミュニケーション不全)などがあるとしました。 厚労省はメンタルヘルス対策の「4つのケア」①セルフケア、②ラインによるケア、③事業場内産業保健スタッフによるケア、④事業外資源によるケアを紹介し、セルフケアのコツとして「自分をよく知る」「ストレスに気づく」「ストレスと上手に付き合う」ことしました。 職場の仲間に①体調不良で休む、②仕事の能率が落ちる、3対人関係のトラブルが起こる、④交通事故・飲酒問題などが起こる場合、メンタル不調が疑われ、うまく「介入」すること、積極的傾聴法について説明しました。また、休職した場合の休職中の対応、復職にあたっての職場の対応について具体例を示してその基本を示しました。 大事なことは「メンタルヘルス対策はみんなのためである」とし、問題の発生は職場環境改善の糸口であり、職場全体に還元されるとし、全員が「お互い様」の関係にあることを理解しあって対処することと指摘しました。

  全 体 会  特別報告(概要)

おさえておきたいパワハラの基礎知識    安彦 裕介氏(弁護士)

セクハラは法的定義があるが、パワハラは定義がない。厚労省は2012年に「円卓会議」の提言、今年3月に「検討会報告」の概念を示している。職場のパワハラの責任を巡る判例を示しながら、使用者の権限と関連しない場合と、する場合での対応の違いについて指摘した。パワハラが起こった場合の対処の留意点、パワハラと労災補償の問題点などを示した。

働く自営業者の実態     岩淵 裕氏(釧路民商)

全商連共済会の「17年度健康診断結果」をもとに、自営業者の有所見率は8割台に上っており、一般労働者の健診結果の5割台を大きく上回る。自殺者は42人で初診から死亡までの期間が短いと厳しい実態を報告。 釧路民商の「経営・暮らし・健康」調査では、健康不安がある58%であるのに対して3割は病院に未受診。理由は「忙しい」「治療費が高い」などで、休みが取れない状態。自営業者のいのちをまもる活動が大切。

私の事故体験と対策     箕浦  邦雄氏(農業)

十勝管内の農家の過去5年間の傷害事故者は平均10%。農家戸数が減っているのに減少しない。自身、多くの事故を体験し、その予防策を考え実践してきた。その具体例をスライドを交えて12項目報告した。

日赤病院のパワハラ自死事件   支援する会・原告

新人看護師が手術室に勤務し、5ケ月半で自死。医師から「病院のお荷物」などと言われ、研修記録では上司等からのパワハラも受けていた。しかし、労災は不支給となり、今年4月、不支給の取り消しを求めて提訴した。地元で組織している「支援する会」の活動と、原告(母親)から「安心して業務が行われることを願う。署名への協力を」と訴えがされた。